後遺症認定に不服も泣き寝入り?

後遺症認定に不服も泣き寝入り?

交通事故での後遺症認定は医師が行うものになっていますが、この認定に対し不服がある場合には一度行われた認定を覆すことができるのかを考えた場合、覆すのは非常に難しく、不服にも関わらず泣き寝入りをすると言う人がたくさんいます。
一般的に考えてみれば医師がこれ以上の治療が必要としない、又はこれ以上の治療をしても効果が認められないと判断した場合には後遺症認定が行われなかったり、後遺症が認められても、内容そのものが不服となってしまっても医師の判断に任せるしかなく、納得しない状態のまま事故による話し合い解決を進めていかなければなりません。

しかし、本当に納得のいく話し合いを進めていくための方法としては、交通事故に正しい知識を持つ弁護士を頼り、徹底的に必要な治療が行えるように病院側に交渉してもらうことや、後遺症認定が本当に正しく行われたかどうかの調査を行った上で、万が一後遺症認定の内容が正当なものだと判断されなかった場合には、改めて後遺症認定を行うことができます

もちろん一般的には不可能なことだと言う認識ですが、弁護士を通じて病院側に話をすることでこれが可能になります。
弁護士費用が高くなってしまうので、泣き寝入りをしてしまう人や、そもそも弁護士に依頼すれば後遺症認定が改めて行われること等を知らずに不服を感じたまま事故の話し合いを終了させてしまう人が多いのですが、ここで損をするのは自分自身であり、時間経過とともに様々な後遺症が出てきたとしても後遺症の原因そのものが事故だと判断するのが難しくなってしまうため、当然、慰謝料などが受け取れなくなってしまいます。

ですから後遺症認定の結果そのものに不服を感じていたりする場合には、決して泣き寝入りをせず弁護士とともに正しい後遺症認定が行われ、事故との関連付けを徹底してもらえるように、病院側に交渉していく必要があります。

2015年2月5日