交通事故の慰謝料はいつもらえるの?

交通事故の慰謝料はいつもらえるの?

交通事故が起きてしまった場合には特に被害者の方は大きな被害を受けることになります。
また車両同士の交通事故が起きてしまった場合双方に過失が認められ、慰謝料等に関して、トラブルが生じてしまうことが多々あります。

近年交通事故による慰謝料は以前に比べると高くなる傾向にあり、正しい方法での請求を行えばしっかり慰謝料を受け取ることができるようになっています。
では実際に交通事故による慰謝料はどんな場面で受けられるのかというと、まずは交通事故による後遺症が残った場合が最も大きな理由となります。

後遺症そのものにも様々な種類があり、後遺症の度合いによって慰謝料の金額も変わってきます
次は保険の範囲内で治療が行えなかった場合の治療費や付添介護が必要になった場合の付介護費、その他入院に関しての雑費、また通院を行う際の交通費、さらには通院や入院期間中に必要だった器具等の購入費が主なものとなっています。

これらに対する慰謝料を受け取るためには正式な方法で請求する必要があり、素人が保険会社と交渉を行っていても支払われることは非常に少ないです。
特に後遺症による慰謝料を受け取る場合には後遺症認定を受けなければならず、ここでもトラブルが生じてしまうことがほとんどです。
後遺症認定を受けるまでには、ある程度の期間が必要となり、この期間を過ぎる前の段階で保険会社から示談交渉が行われますので、しっかりとした知識を持たない人がここでの示談交渉に応じてしまうと、その後になって後遺症が発覚しても慰謝料の請求ができなくなってしまうため注意が必要です。
h283ビジネスマンポートレートh283

慰謝料の金額は決まっているの?

事故による慰謝料の金額というのはそもそも違っているのではなく、複数の方法によって算出される仕組みとなっています。
どのような目的に対する慰謝料であっても算出される基準としては、自賠責保険によるもの、保険会社によるもの、それかは法律として定められているものなどがあります。

この三つのうち法律として定められている算出方法が一番高いものになり、この算出基準を適用してくれるのは弁護士のみとなっています。
ある程度の慰謝料の相場そのものは決まっていますが、あくまでも相場が決まっているのは保険会社の場合であり、自賠責保険の場合は1日の上限金額ははっきりと決められているものになりますので、可能な限り法律で定められた算出方法で慰謝料請求を行わなければなりません。

しかし一般的には保険会社を通しての解決となるため、保険会社基準の算出となってしまい、本来であれば受け取れるはずの慰謝料を受け取れないまま泣き寝入りをするという方々も沢山います。
こうした事態にならないためにも弁護士に相談し、慰謝料請求を行っていくことが大切ですが、それ以前に詳しい知識を持たないため、弁護士に相談したところでそれまでの保険会社との話の流れにより慰謝料をもらうことができないだろうと諦めてしまう人がいます。

ところが弁護士に事態を詳しく相談してみると、保険会社のいいように話しに丸め込まれてしまい、損してしまう人が多いので、そうなる前にしっかりと慰謝料を含めた被害請求において正しい知識を持ち、慰謝料請求ができることが分かれば、徹底的に請求を行っていくようにしましょう。
交通事故画像

2015年2月5日